カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

糖尿病とは

近年、健康意識、健康医学が日進月歩発達しているにも関わらず、現代病である成人病、生活習慣病の発症件数は、年々益々増加しています。

その内の万病の元と言われている糖尿病は、日本人全人口の6人に1人が糖尿病患者もしくはその予備軍と言われており、その原因としては、食料が有り余っている状況による飽食や暴飲暴食、食生活の変化による高カロリー摂取、自然環境・生活環境の変化、ストレス等の理由から、体内に活性酸素が増加し、結果として自己治癒力の低下が挙げられ、今や、ホームレスの中にも糖尿病患者がいるという状況であります。

糖尿病は食生活の乱れが主な原因であり、血液中の糖分濃度が慢性的に高くなる病気で、結果として、合併症を引き起こしたり、高血圧、脳溢血、脳梗塞、狭心症を誘発したりします。

糖尿病の症状は、特に痛みなどの自覚症状が出ない為、健康診断などで、「治療が必要である。」との結果が出ても、治療を受けない人が非常に多いと言われている病気です。

糖尿病の一番の問題点は、この合併症を併発してしまうということで、それにより、腎臓障害で人工透析を余儀なくされたり、糖尿病網膜症で失明したり、脆弱性骨折になったり、糖尿病壊死などで足を切断したりしなければならないことに発展してしまいます。

もちろん、糖尿病になるには、それなりの原因がありますので、それをチェックする意味においても、中年になってきたら、健康なうちから検査する必要があります。

また、最近では、若い人にも糖尿病患者は増えており、ペットボトル症候群といわれる人達がこれに当たります。

これは、巷に氾濫している自動販売機のペットボトルのことで、ペットボトルと言うよりかは、その中身、糖分飲料をがぶ飲みして、糖尿病になってしまうということです。

改めて言うまでも無く、今や、ホームレスでも糖尿病になる時代、日頃からの注意が必要のようです。

糖尿病になる人のメカニズム

先ず、正常の人であれば、

1.食事をすると、食べた物の糖分が血液中に増加します。

2.すい臓からインスリンが分泌されます。

3.インスリンが、糖分をエネルギーや脂肪に変えてしまいます。

これが糖尿病になりますと、

1.すい臓が疲弊し、インスリンが必要量出なくなります。

2.糖分をエネルギーに変えることが出来なくなります。

3.血液中に糖分があふれてしまいます。 と言うことになりますので、成人病年齢になってきたら、常日頃から、健康管理というものが必要となってきます。

糖尿病は、注意して気をつけていないと、知らないうちになっていたという人が多く、なってしまってからは、なかなか治りにくい病気といわれております。

このような状態にならない為にも、ちょっとした兆候も見逃さず、もしその兆候が現れたら、一度、早めに医師に相談すると良いでしょう。

注意すべき糖尿病の兆候

1.尿の量、回数が多くなる。 大量のブドウ糖を排出する為、尿の量が増えてしまいます。

2.やたらのどが渇く。 尿の排出量が多くなれば、当然のどが渇きます。

3.体重が急激に減る。 食べてもブドウ糖が正常に利用されずに、慢性的なエネルギー不足となってしまいます。

4.全身がだるく、疲れやすい。 インスリンの作用不足でブドウ糖を利用できず、活動エネルギーが不足してしまいます。

5.目がかすむ。 視力障害が発症し、時には失明もあります。

6.尿に糖が出る。 排尿の時、甘ったるい臭いがしますので、ある程度分かるはずです。

7.立ち眩みがする。 糖尿病は貧血を誘発しますので、結果として立ち眩みがします。

8.手足が痺れる。 手足の痺れに関しては、他にも病気の原因が考えられますので、1度病院に行かれることをお奨め致します。

9.男性の場合、勃起不全(性欲減退)になる。 漢方のバイアグラと言われている健康サプルメント(ダブル・リンク=健康食品メニュー参照)があります。

10.女性の場合、月経異常を生ずる。 更年期障害、アンチエージングに効果的なサプリメントがあります。

糖尿病対策

日本人(アジア人全般)は、欧米人に比べて、分泌されるインスリンの量が、基本的に少ない民族といわれており、それ程、太っているようには見えないのに、糖尿病を発症してしまうこともあるようで、その為、定期的な健康診断、血液検査等をしていないと、発見が遅れることがあり、手遅れとなってしまうこともあります。

この民族としての体質を自覚することが、自分を守ることになりますので、くれぐれも暴飲暴食などせず、若いからといって余り無理をせず、定期的な健康診断をお薦めします。

日本人の場合、それ程太っていなくても糖尿病になっている人もいるという現実を踏まえて、単に、自分の見かけの姿・体形に惑わされず、以下の飲食物を摂取する時は、血糖値を上げやすい食物でありますから、摂取する時には注意を払って分量をコントロールしてください。

1.うどん、そば、ご飯、パン等の炭水化物は、血糖値を上げ易く、脂質(特に動物性)は血糖値を下げにくくする食べ物です。

2.お酒を飲むと血糖値が下がる為、食欲を増してしまい、つい食べ過ぎになって、結果としてカロリーオーバーとなります。

3.ブドウ糖は、血糖値を上げやすい物質ですので、摂り過ぎには注意が必要です。

4.朝食を食べないと、昼食を食べた時に、血糖値が大きく上がるので、食べた方が良いです。

人間食欲がある以上、美味しい物を食べたいという欲望は本能でありますから、そうそう仙人のような生活は出来ません。

そんな生活を続けていたら、反ってストレスになり、そのストレスが活性酸素を醸成し、体内細胞を破壊するという悪循環も生じかねないので、たまには、余り気にせず食べるのも良いと思います。

しかし、食べ方を工夫することによって、血糖値を上げずに食べることが出来ますので、以下の方法を励行してみてください。

1.食事は3食必ず食べること。

2食にすれば体重が減るだろうと思って実行する人がいますが、逆に太る原因になります。

それは、3食が当然の如く記憶している内臓機能(腸)が、2食になったことで、食物が降りてきた時に、それを一気に吸収しようとするからであります。

食べる量を減らしてでも効果を上げたいという事であれば、2食分の量を3食に分けた方が効果は望めます。

2.食事は、先ず野菜から食べること。

糖分が、先に食べた野菜の食物繊維に絡み、通常よりゆっくりと吸収される為、食後の血糖値の上昇を抑えることが出来るようです。

3.口に入れた食物を、1口30回噛むこと。

早食いをすると、食物の量に対し、インスリンの分泌が間に合わない為、急激に血糖値が上昇します。

1口30回噛むことによって、いわゆる適量のインスリンが出てくるまでゆっくり噛んで、血糖値の急激な上昇を抑えるという訳です。

あまり「30回、30回」と、意識して数えながら食べていますと、何か落ち着いて食べた気がしなくて、反ってストレスになることが懸念されます。

30回を正確にということではなく、ゆっくり時間を掛けて食べることを心掛ければ良いと思います。

4.食後1時間以内にエネルギーを消費すること。

食後1時間以内に軽い運動や入浴をすると、血糖値は抑えられるという実験データが出ています。

運動や入浴で汗をかくと、エネルギーとして糖分が消費され、結果として、血糖値が抑えられるということになります。

通常お仕事をしている人の場合、なかなか1日1万歩とか、1時間以上の運動をすることは困難であります。

2〜3日間隔でも良いので、10〜15分程度の腕立て伏せとか、腹筋、背筋、スクワット運動と適度なウォーキング程度は必要です。

自分の健康の為です、最低限この程度の運動は努力してください。

糖尿病の診断基準

これまでの糖尿病の診断基準は、その日の血糖値の状態を調べるというもので、検査前に節制して受けると、普段の血糖値より低くなるというケースが多く、「余り参考にならない。」との意見が多く有りました。

その為、糖尿病の判断基準が、以下のように厳しく設定されました。

これによって、糖尿病患者を早期発見できる体制が整いましたので、より自分の健康に注意を払って、「まさか・・・こんなはずでは。」ということが無いようにして欲しいものです。

空腹時血糖値: 126mg/dl以上

普段の血糖値: 200mg/dl以上

食後の血糖値: 200mg/dl以上

ヘモクロビンAlc: 6.1%以上

*ヘモクロビンAlcとは、過去1〜2ヶ月の血糖値の平均値で、比較的誤差の少ない正確な数値が測れるということで、現在では、この数値が最も重要視されています。

薬品との安全性の比較

昔、テレビのコマーシャルで、「くすり、そりゃ飲むより飲まん方がいいじゃろう。」というのがありました。

くすりは、当然個人差はありますが、必ず副作用というものが心配され、身体に合わないくすりを服用した場合、病気以上の苦しい結果が返ってくることがあります。 天然の物であれば、この確立は、限りなく少なくなってきますので、念の為、以下に比較表を提示してみます。 しかしながら、これはあくまでも可能性であり、必ず起こるということではありませんので、最終的判断は、お医者様と相談して、お決めになると良いかと思います。

くすりの場合

コタラヒムの場合

◆ メリット

◎即効性がある。

◎健康保険が活用できる。

◆ デメリット

◎副作用が懸念され、その対応まで考えると、薬のための薬を飲まなければならなくなる。(薬漬け生活)

◎胃弱の人は、胃に炎症を起こし、別に胃薬を飲まなければならなくなる。(殆どの人が薬に対し胃をやられる)

◎自律神経症の可能性が出て、訳もなくイライラし、うつ病に発展する可能性も出てくる。(この頻度は高い)

◎循環器系統が弱い人は、腎炎を起こし、将来的には人工透析の心配も出てくる。

◎その他にも、倦怠感が顕れたり、筋肉痛が出たり、骨粗しょう症が出たりする。

◆ メリット

天然のハーブ薬木なので副作用は無い。

◎坑酸化物質なので免疫力を高め、自己治癒力を高める

◎この商品だけで糖尿病高血糖の治療はもちろん、リューマチ、アレルギーにも効果を発揮するので、複数の病を抱えている場合でも、薬漬けになることはない。

また、予防という面に於いては、メタボリック症候群肥満便秘腸内環境の改善悪酔い二日酔い等にも効果を発揮していることが実証されている。

◆ デメリット

◎薬ほどの即効性はない。(身体、ホルモンのバランス面から考えると、じっくり治した方が弊害がでない。)

◎健康保険が活用できない。

ページトップへ